冠婚葬祭の中の葬儀について慌てないためにも

礼拝している男女

葬儀費用

香典を持つ手元

家族や親族が亡くなるとき、病気で余命が分かっている場合と、急に亡くなる場合などがあります。葬儀を取り行うにあたって、費用は様々なもので必要となります。そんな葬儀費用について簡単に紹介していきます。

Read More

プランやコース

お焼香をする男性

葬儀には、一般葬や密葬・家族葬など現在様々な形があります。それによってプランやコースも違います。今は音楽葬というものもあります。葬儀の主な種類・プランについて紹介していきます。

Read More

葬儀を行う場所

手を合わせる喪服の女性

葬儀を行なうときに、任せる葬儀社を探す必要があります。また、葬儀を行なう場所も決めなければなりません。全国各地にあるので、いまはインターネットで簡単に自分の地域の葬儀社を探すことが可能です。

Read More

故人を見送る

骨壷を持った男性

家族や親族が亡くなることは、とても悲しいことです。
ただずっと悲しんでいるわけにはいきません。
知人や親戚への連絡、葬儀などを行っていかなければなりません。
葬儀の準備や葬儀当日、葬儀後などにはやることがたくさんあります。
いまは葬儀社も数多く存在し、事前見積や葬儀に関することを相談に応じてくれます。
フリーダイヤルで年中無休対応しているところもあるので、何かあったらすぐに相談してみましょう。
大事な冠婚葬祭の一つなので、しっかりと行えるようにしましょう。

葬儀と告別式というものがありますが、葬儀はあくまでも儀式の一つとして捉えられています。
儀礼なので、仏式であればお坊さんに来てもらい、お経を唱えてもらいます。
これは故人の霊魂を鎮めて、あの世にきちんと成仏するようにと行われるものです。
葬儀は、故人の家族・親族で行なうのが一般的です。
告別式は、故人に別れを告げる式典のようなものになります。
生前故人が交流のあった人や会社の人・知人などが参列するものとなります。
明治時代までは、葬儀のみが一般的でしたが、近年では葬儀と告別式両方を取り行うのが一般的になっています。

狭いマンションやアパートだと、葬儀を取り行うのが難しい場合もあります。
狭いスペースだと、故人を寝かせて家族が揃うには広さが足りなくなってしまいます。
そのときには、団地であれば団地の集会場、もしくは葬儀社の建物の一部を借りて行なうことが可能です。
場所をどこで行なうかは、遺族の判断になります。
借りる場合だと別で費用がかかる場合はありますが、一度葬儀社に相談してみましょう。
電話で無料相談をしていたり、資料請求に応じたりしているところがあります。
故人のためにも、葬儀はしっかりと行いましょう。